スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

自民、改憲日程を作成!!~改憲手続き法の本音?

今日のしんぶん赤旗(共産党機関紙)一面は、
自民、改憲へ日程表
「11年夏発議 秋に国民投票」
党内会合で提示
手続き法成立 即「骨子」作り


記事はコチラ
日程表の拡大はコチラ

このスケジュール表は改憲までの最短コースを描いたものといえる。
いま審議中の改憲国民投票法案はこの最短スケジュールを実行するうえでは
必要不可欠なものとなる。

審議中の改憲国民投票法案の推進派は
憲法96条の定める改憲手続き一般法で、
今まで整備してこなかったのは国会の怠慢だ。
そういって反対することすら敵視する態度もとる。
しかし、この表を見る限り
安倍首相や自民党などがめざす改憲のための国民投票法案で
「改憲推進法案」といっても過言ではないだろう。

国民投票法は3年後に施行される。
法案成立後設置される憲法審査会は
3年間は改憲原案の審査を行うことができない。
しかし、この表では「具体的改憲案の骨子案の作成」などを
「衆参の合同審査」でおこうとしている。
これは3年たってからあれこれ議論するのではなく
その前におおまかな改憲案はつくっておこうということではないでしょうか。
またそれを衆参合同の審査会で共通認識としてつくりあげておけば
その後の改憲案の審査で衆(参)議院→参(衆)議院の審査時間が
省けるということを狙っているのでしょう。

これらは国会で審議中の改憲手続き法にもとづくスケジュールです。
改憲手続き法は明らかに改憲の早期成立を狙ったものとなっていることが
リアルに浮き上がったといえるでしょう。

このような改憲手続き法は「公正・中立」といえるのでしょうか??
安倍首相らの改憲実現の為の手続き法を「公正・中立」といえるのでしょうか??

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

14 : 43 : 59 | 国民投票法案 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まもなく憲法施行60周年 | ホーム | まもなく2007・5・3 ⑦5・3憲法集会>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kenchan07.blog99.fc2.com/tb.php/21-440c0e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

けんちゃんしんぶん

Author:けんちゃんしんぶん
ようこそ!けんちゃんしんぶんBlog版へ。
不定期通信なのでそこらへんはご了承ください。
では、ごゆっくりどうぞ。
メールは↓のフォームからどうぞ。
ken_chan_07@hotmail.co.jp宛に届きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。