スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

改憲手続き法のあゆみ①

いよいよ改憲手続き法=国民投票法が成立する。
公正・中立とはとうてい言えないこの法案は
2005年に憲法調査会が報告書を提出し、お役ゴメンとなったためできた
日本国憲法に関する調査特別委員会で審議された。

国会におかれる常任の委員会や調査会は国会法で決まっているが
特別委員会は本会議の議決で設置できる。
それに定例日がないから連日審議ができるのだ。
憲法調査会が終わり、本当はそこで一気に改憲発議が可能な憲法委員会
今回の法案で言えば、憲法審査会に衣替えしたかったようだが
公明党の都合もあり特別委員会方式がとられたのだ。
その特別委員会の2年間のあゆみ=改憲手続き法のあゆみをみたい。

【163国会】
05.9.22 委員長・理事の互選
 10. 6 自由討議
 10・13 参考人(2人)質疑、自由討議
 10.20 参考人(2人)質疑、自由討議
 10.27 参考人(1人)質疑
 11. 1 閉会中審査の件

【164国会】
06.1.20 委員長・理事の互選
  2.23 欧州各国国民投票制度議員調査団派遣報告
  3. 9 自民・民主議員発言に対する質疑、発言
  3.16 公明・共産議員発言に対する質疑、発言
  3.23 社民・国民新議員発言に対する質疑、発言
  3.30 自由討議
  4. 6 自由討議
  4.13 憲法改正国民投票制度とメディアの関係の参考人(2人)質疑
  4.20 憲法改正国民投票制度とメディアの関係の参考人(3人)質疑
  4.27 憲法改正国民投票制度とメディアの関係の参考人(3人)質疑
  5.18 憲法改正国民投票制度の要否の参考人(2人)質疑
  6. 1 憲法改正国民投票制度の要否の参考人(2人)質疑
     改憲手続き法法案(与党・民主案)趣旨説明
  6.15 各会派意見聴取、提案者発言
     閉会中審査の件

2005年の郵政選挙後にできた委員会であった。
与党、民主で合意をめざしていたし、憲法調査会のなごりもあり、
また委員会運営の最初ということもあってか比較的丁寧な運営のようにみえる。
与党、民主がそれぞれ法案を出した。法案審議の中で合意をめざす方向にかわった。
発議にかかわる国会法も併合したまさに手続き法案を会期末に出してきたのだ。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

17 : 45 : 47 | 国民投票法案 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<改憲手続き法のあゆみ② | ホーム | 怒!!11日委員会、14日本会議採決!?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kenchan07.blog99.fc2.com/tb.php/28-22a65a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

けんちゃんしんぶん

Author:けんちゃんしんぶん
ようこそ!けんちゃんしんぶんBlog版へ。
不定期通信なのでそこらへんはご了承ください。
では、ごゆっくりどうぞ。
メールは↓のフォームからどうぞ。
ken_chan_07@hotmail.co.jp宛に届きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。