スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

自覚させる前に自覚しろ!

以前、自民党の『新憲法草案』なるものの人権感覚を批判した。そのうち12条に関してもう一言、二言コメントしたいのだ。

(国民の責務)
第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、保持しなければならない。国民は、これを濫用してはならないのであって、自由及び権利は責任及び義務が伴うことを自覚しつつ、常に公益及び公の秩序に反しないように自由を享受し、権利を行使する責務を負う。

自由及び権利は責任及び義務が伴うことを自覚しつつ
というこの条文に関して思うことがある。

まぁあたりまえのことですよね。対等な個人と個人の間では。さて国家や社会的権力とわれわれ個人との間では単純に「あたりまえのこと」と言っていいのだろうか。自由及び権利が責任及び義務と引き換えの対象となるというのか。自由及び権利をあたえてやったんだから国の言う事を聞く義務を果たしてくれよと言いたいのか。わざわざこのコトバを入れてきたその動機はなんなんでしょう??

国が国民に憲法で「自覚しろ」と言うこと自体、おかしいと思う。国家権力を縛る立憲主義の基本からかなり逸脱している憲法観のように思えるのだ。

ちょいと前の話になるが、アメリカの戦争の後方支援体制、それにともなう相手からの攻撃を念頭においた有事法制は、その“非常事態時”に国民の人権を制限し、それに国民が協力する体制を定めたものだ。日本国憲法は戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認と軍事的な基本規定がない。だから国防や有事の際、“高度な公共の福祉”によって基本的人権が制限されることは憲法上の根拠がない。憲法上にないからと有事法制で規定をするという論法での正当化であったが、これ自体憲法を軽く見すぎたもので、なんでもありの道を開くもので許すわけにはいかない。ここで紹介したいのはその時の官房副長官だった安倍氏が雑誌で述べたことだ。

日本が攻められた有事の際に、自衛隊の活動において国民の権利が制約される。国民の権利を「基本的に担保するのは国家」である。「権利を担保する国そのものが存続の危機を迎えているときにはそれに当然にある程度我慢しなければならない」(『サンデー毎日』02年6月9日号、56頁、要旨)◇憲法再生フォーラム編『有事法制批判』(岩波新書・129頁)より引用

日本がある日突然攻められるというようなことはいと政府も認める中、「備えあれば憂いなし」の一言で納得されてしまったこの有事法制。アメリカが集団的自衛権の行使を求めたきたアーミテージ報告といっしょに求めてきたものでもある。ここで問題にしたいのは国家が国民の権利を担保しているという考え方だ。担保とはまるで国からなにかを借りているような感じがする。なるほど、表現の自由や生存権を国からお借りして行使している以上、国から求められたらそれを返し、国防協力を果たさなければならないのか。それを拒否すれば取り立て=逮捕となるのか。うん、つじつまも合う。って、おい!

そこまで口にしなくても腹のそこではそう思っているとしか思えない。わたしたち人間として正しいこととしての人権=Human Rightsなのである。それを保障するために国家が政策をとらなければならないし、そのようなことを国家が怠らないよう国民の不断の努力が必要なのである。個人と国家の緊張関係を払いうせ、もともと人権なんて国が与えているようなものなんだから、国が邪魔だなと思ったら言う事を聞けよ。こいう乱暴な世の中をつくりあげようとしているのではないだろうか。

上で言う、「国そのものが存続の危機」というのは憲法を無視し対米従属からくる「危機」ではないか。私は言いたい。安倍さんはじめあなた方が国民に自覚を求める前にあなたたちこそ自覚してほしいことがある。憲法99条の憲法尊重擁護義務を。

↓日本の夜明けをめざして、1クリック↓
     

スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

11 : 59 : 50 | 壊憲社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年、改憲発議? | ホーム | 衣替えしました。>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kenchan07.blog99.fc2.com/tb.php/45-23b27d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

けんちゃんしんぶん

Author:けんちゃんしんぶん
ようこそ!けんちゃんしんぶんBlog版へ。
不定期通信なのでそこらへんはご了承ください。
では、ごゆっくりどうぞ。
メールは↓のフォームからどうぞ。
ken_chan_07@hotmail.co.jp宛に届きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。